1995.7月号のイラストたち

インターネットがまだまだ、技術者だけが利用する時代だった1995年春、 DITの百合さんは「これは、もっともっとビッグになりますよ」と予感されていました。 その直後、その言葉が本当になった時には驚きました。

★取材先の百合啓雅さん


★★★POPを使ってメールを配達!

「メール・サーバーからは、 POPを使っていろいろな環境にメールを配達しています」のイラスト。

★★★サーバーとしてのUNIXをいろいろ環境から使う

「システムに柔軟性のあるUNIXだからこそ、Macからも、Windowsからも、 もちろんUNIXからも使えるんですよ〜」のイラスト。



この号の記事を読む次の号のイラストに進むイラストの目次に戻る
Last Update : Sep 9, 1998 by Tomoko Yoshida